彼氏に復縁したいと言わせたい!心理学に基づく簡単な3つの方法

彼氏に復縁したいと言わせたい!心理学に基づく簡単な3つの方法恋愛の悩み

恋愛において元彼氏と復縁したいと言うお悩みは誰もが経験したことある悩みだとと思います。

しかし、復縁をしようとしても、相手の気持ちが覚めてしまっていたり、すでに好きな人ができていたりするケースが多く、復縁の話を切り出すことも、復縁が成功することもとても難しいです。

さらに、元彼氏がすでに別の女性と付き合っている場合なら、復縁はほぼ絶望的と言ってもよいでしょう。。。( ;∀;)

ですが、諦めないでください、復縁する方法はまだ残されています!
どうせなら、もっと好きになってもらって、彼氏に「復縁したい!」と言わせましょう!

絶対に成功する保証はありませんが、元彼氏を惹きつけて、今まで以上に自分の事を好きになってもらう心理テクニックはあります。

本記事では、心理テクニックを駆使して、元彼氏に「復縁したい!」と言わせる方法をご紹介していきます。

幸せがココにあるなら とことん勝負ですわ

準備編:もう一度見つめ直す

準備編:もう一度見つめ直す

考えるべきこと

  • なぜ、復縁したいのか
  • なぜ、元彼氏である必要があるのか

なぜ、復縁したいのか

直観的で良いので、復縁したい理由をもう一度だけ考えてみてください。

復縁したい理由

  • 彼氏がいなくなると寂しいから
  • 彼氏と過ごした日々が幸せだったから
  • 彼氏のことを考えると不安になるから

なぜ、彼氏である必要があるのか

直観的で良いので、復縁したい理由をもう一度だけ考えてみてください。

彼氏である理由

  • 彼氏に支えられていると気づいた
  • 彼氏といる時が一番楽しかった
  • 彼氏といると安心できるから

上記のようなことを考えている場合は、ノスタルジーによる心理効果で錯覚している可能性があります。

「ノスタルジー」とは、過ぎ去った時間や、遠く離れた場所のことを考え、懐かしく思う気持ちのことです。心理学上では、人のあらゆるネガティブな精神状態「心理的脅威」に立ち向かい、自己の価値を高め、気持ちを前向きにする効果があるとされている。

参考:ノスタルジーの効果

不安・焦り・寂しさなどのネガティブな感情(心理的脅威)に立ち向かうためにたぐり寄せた記憶が、「元彼氏」との記憶だったため「元彼氏」を特別な存在と認識してしまっている可能性があります。

その結果、元彼氏を必要とし繋がっていたいと思う気持ちが強くなり、復縁したいという欲求が発生していることが考えられます。

彼氏と復縁したい理由が、不安・焦り・寂しさなどのネガティブな感情から発生したものであるのならば、復縁することを考えるのではなく、「心理的脅威に立ち向かうための記憶作り」をしていく方向へ考えをシフトすることをお勧めいたします。

復縁は多くの時間と心身の労力が必要となり、必ず成功する保証もありません。

ネガティブな感情が理由で彼氏との復縁を求めるのであれば、振り返らず、前を見て歩くことをお勧めいたします。

もう一度見つめ直し、それでも復縁を望む場合は、次のステップへ進んでいきましょう!

ステップ1:自分の装いを変える

ステップ1:自分の装いを変える

「髪型」と「服装」を変えてください。

「髪型」と「服装」は元彼氏が好むモノより男性が好きなモノを選びましょう。必然より偶然を狙うことが非常に大事なポイントとなってきます。

恋愛心理学のテクニックは以下の通り

  • 外見的魅力効果
  • ゲインロス効果

「髪型」と「服装」は外見を劇的に変化させる効果を持っています。

そのため、「髪型」と「服装」を変えることで、相手にとって「知らない人」と認識させることができれば、外見的魅力効果を与えることができ、もう一度、恋愛対象として興味を持ってもらうことができます。

さらに、外見を劇的に変化させることによって、付き合っていた時とのギャップを作ることができるので、ゲインロス効果も与えることができるため、確実にあなたの事を、再度、恋愛対象として見てもらうことができます。

しかし、持続効果はそこまでありません。相手があなたの記憶を完全に呼び戻した時点でこれらの効果は失われます。

ですが、きっかけ作りは確実にできます。

別れた後、相手と会うことがない場合は、SNSなどで写真をアップすることも効果的です。

まずは、ステップ1で、復縁のきっかけ作りをしっかりと行いましょう。

[余談]
魅力的な女になる!と言うのはやめましょう。復縁の場合は、すでにあなたのことを知っているので、狙った変化をつけると嫌がられる傾向にあります(パーソナルスペース)。
復縁したいときは、お互いに変わった(成長した)姿を見せあって、リセットして一から恋愛を始めていくイメージが最も効果的だとされています。

ステップ2:心理を突いた回想と好感

ステップ2:心理を突いた回想と好感

付き合う前に行う恋愛テクニックでゆさぶりをかけて、付き合っていたころの楽しかった日々を思い出せて、一緒にいることに対する好感を与える会話をしてください。

恋愛心理学のテクニックは以下の通り

  • アンダードック効果
  • ミラーリング効果
  • ピークエンド効果

アンダードック効果

相手に弱みを見せることで、「守ってあげたい」と言った庇護欲を刺激する効果のことです。庇護欲さえ相手に持ってもらえれば、復縁の可能性は劇的にたかまります。

男性には相手を束縛したいと言う心理も持ち合わせているため、庇護欲を持ってもらった状態で、他の誰かに弱みを見せるなどのゆさぶりをかけてしまえば、あなたの必要性をより高めることができます。

復縁では、相手に過去を回想させるような相談や失敗談を間接的に話題のネタにして、会話するなりSNSに投稿するなりしていきましょう。

ミラーリング効果

相手の答えに賛成したり、褒めたり、自分も同じ意見であることを伝えることで、「気が合う」「相性が良い」と相手に思わせる効果のことです。

人間には集団や群れを成して生活する本能が備わっており、ミラーリング効果は、群れの中にいたい、誰かと繋がっていたいという本能に直接影響を与えてくれます。

そのため、自分と一緒にいると共有して楽しめることが多いことを心理的に訴えかけて、相手に自分の必要性を脳で理解させるのではなく、本能(or 心理)に理解させることができます。

アンダードック効果と同様に、過去を回想させるような言い方をしましょう。

ピークエンド効果

物事の終わりにピークを持ってくると、その物事の印象が強く残る効果の事です。

物事の終わりに、相手の感情を震わせる最高のシーンを持ってきて、相手に自分の必要性を強く訴えかけることができます。

復縁の場合は、物事の最後で過去の経験を思い出させるとともに、相手を必要としていることを間接的に伝えることで、相手に自分の必要性を気づかせ続けることがとても重要になります。

相手との関係性によってやり方が変わってくるため具体的に言うことができず申し訳ありません。。

ここで重要なことは

  • 相手に自分を意識させ必要性を理解させる
  • 脳ではなく、本能(or 心理)に理解させる
  • 過去の回想をさせるように仕向けて意識を強く持たせる

と言うことです。

彼氏に「復縁したい!」と言わせたいなら、ここの戦略は十分に練っていくことが大事です。

ステップ3:心理的な距離を置く

ステップ3:心理的な距離を置く

相手に自分のことを常に意識させるように、心理的に距離を置いていきます。

恋愛心理学のテクニックは以下の通り

  • ツァイガルニク効果
  • ウインザー効果(カクテルパーティー効果)

ツァイガルニク効果

中途半端に終わった事柄において、続きが気になって強く意識に残ってしまう効果です。

ウインザー効果(カクテルパーティー効果)

第三者から間接的に言われた方が、信憑性が高まる効果です。

このステップでは、第三者(友達)の協力が必要となってきますが、頼れる友達がいなければSNSでも問題ありません。

会話を途中で切り上げたり、結果を後日伝えるような相談をしたりすることで「続き」を作り、数日おいて、再度、会話をすることを繰り返し、徐々に会話する期間を広げていくことで、相手に意識を強く持たせていきます。

会話する期間を広げすぎると、記憶から消えてしまい効果を失ってしまう可能性があります。個人差もありますが、最長2~3週間程度としましょう。

参考:恋愛心理学テクニック

迷ったら占いもあり?なし?

復縁は断ち切れた関係を再び修復する作業なので非常に難しいことです。そのため、最後まであきらめない覚悟がない限り、復縁は成功することはないと考えています。

過去を取り戻しに行くことと、新しい人生をはじめにいくことのどちらが正しいかなんて誰にも分りません。

迷うことがある場合は、話題の電話占いで無料で診断してもらうのも良いかもしれません。

占いは統計学に基づいた調査による結果に当てはめて適切なアドバイスをするものと某占い芸人さんから伺っております。

興味があるならコチラからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました