睡眠不足、疲れを寝返りで改善!話題のマットレス[NELLマットレス]

睡眠の悩み

大人になるにつれて、徐々に日々の生活が忙しく大変になってきた頃に、睡眠不足になる機会が多くなり疲れが蓄積され、朝起きたときの目覚めが悪かったりすることはありませんか。

そのことが原因で、日々のストレスが蓄積していき、せっかくの休日を有意義に楽しく過ごすことができなくなったと感じることはありませんか。

睡眠時間を多くとっても、サプリを使用しても改善されない方は、もしすると、「睡眠環境」に原因があるかもしれません。

この悩ましい問題を解決するお手伝いをしてくれる「マットレス」を見つけましたので、ご紹介させていただきます。

人気上昇中で各種メディアで話題となりニュースにもなったマットレスです!

日々のマンネリ化を感じる方は、日々のストレスから意欲や挑戦をする力を失っている可能性があります。このマンネリ化を解消して、意欲や挑戦する力を呼び覚まし、普段と違う楽しい生活を送りたい方にもおすすめしたい商品となっております。

各種メディアで話題になりニュースにもなった商品はこちら

“寝返り“を科学したコイル構造で、腰痛や肩こりを軽減する【NELL マットレス】

「疲れ」と「睡眠」の関係性

NELL マットレス 記憶力と睡眠

「疲れ」と「睡眠」は関係性が強く、「疲労の回復」「記憶の整理」は睡眠中に行われています。睡眠中は「レム睡眠」「ノンレム睡眠」の2種類の睡眠周期があります。

レム睡眠は、「筋肉に休息を与える」「身体の動かし方の記憶を整理する」効果がある言われています。バッティング、タイピングなどの仕方の記憶を整理するイメージです。

ノンレム睡眠は、「脳に休息を与える」「言葉や出来事の記憶を整理する」効果があると言われています。英単語、友達と遊んだことの記憶を整理するイメージです。

そして、この「疲労の回復」と「記憶の整理」を行うのは、人間の生活サイクルの中でも睡眠だけなのです。

疲れの一番の原因は、自律神経の動きによるものであると言われています。自律神経は、人間の体の機能を管理、維持しています。普段の行動やストレスなどにより、1日の生活の中でも一番疲れやすいとされています。

この自律神経をコントロールしているのが、「脳」です。そのため、疲れを感じる場合は、肉体だけに原因があるわけでなく、脳にも原因があるわけです。つまり、疲れを取るには「脳」と「肉体」の両方を休息させることが必要であるわけです。

参考:疲れのメカニズムと回復

睡眠は、体、脳のメンテナンスを行うためにとても重要であり、日々の生活を健康に楽しくするには、十分な良い睡眠が重要であることが理解いただけたと思います。

らいおん
らいおん

認知症の予防にもしっかり睡眠を取ることが効果的だとか言うよねぇ~

睡眠不足を解消するには寝返りが大事

NELL マットレス 寝返り

睡眠不足には、「眠れない」「眠りが浅い」の大きく二つがあると思います。この二つを改善するには、睡眠の質を上げることが大切だと言われています。

睡眠の質をあげることで、「眠りが浅い」を改善できることは、なんとなくお分かりいただけると思いますが、「眠れない」は改善できないのではと考える方が多いと思いますが、改善できる可能性があります。

眠れない原因は「目が覚めている」「不安などから来るストレス」などがあるかと思います。それらの原因は、普段の睡眠が十分に果たす役割を担えておらず、疲れが溜まったままでいることによる活力が沸かないことが原因である可能性があるからです。

では、睡眠の質をどうやってあげるのか。。。

その答えは、「寝返り」と言われています。

寝返りは、1回の睡眠あたり平均で20~30回で行うと言われています。良い睡眠を考える場合は、寝心地よりも「寝返り」を意識することがとても重要です。

寝返りには下記の効果があります。

  • 血液の循環をよくする
  • 発汗の効率を上げる
  • 筋肉の硬直を防ぐ

寝返りをしないと同じ姿勢の状態が続くため、血管が圧迫され、腕や足が痺れたり、床ずれなどを引き起こします。また、睡眠中は体温を下げるために汗をかくのですが、圧迫された箇所は、放熱がしにくい状態になるので、うまく汗がかけずに体温調節ができなくなります。

いくら寝心地がよくても、寝返りができないと上記のような様々な問題を引き起こし、逆に睡眠の質を損ねてしまいます。

睡眠不足、疲れを改善したい方は、「寝返り」意識した睡眠環境の改善が最も効果的だと考えてられます。

寝返りにこだわったNELLマットレス

マットレス

このマットレスは、「寝返り」について研究を重ね、背中と腰部分の反発力を高めることで、睡眠中の自然な寝返りを手助けしてくれます。「寝返り」に特化した設計になっているそうです。

ポケットコイルの量が違う

体を支える役割を持つポケットコイルの量が、高級ホテルで使用されているマットレスに比べて2倍以上収納されています。

ポケットコイルは、体がマットレスに与える圧力を分散するのに必要な要素となっており、このポケットコイルが多いと、圧力を適切に分散させることによって、体にかかる負担を軽減できるとされています。

また、NELLマットレスは、体の部位に合わせて適切な固さになるようポケットコイルを配置することで、体に対して適切な反発力を与えて、自然な寝返りができるようになっています。(‘Д’)<スゴイ

そのため、どんな体型の方が寝返りをしても、寝返りがしやすくなっています。

睡眠の質、寝心地の要となるポケットコイルの量が、他のメーカーより2倍近く多いので、睡眠の効果を最大限に引き出してくれる可能性が極めて高いマットレスであると言えます。

通気性が違う

マットレスの表面では、ウレタンと不織布を交互に混ぜ合わせており、通気性が抜群で寝汗などによる湿気などによる気持ち悪さがありません。

通気性が物凄く良いためカビなども生えにくく清潔な状態を長期間保てるようになっています。

シーツなどと合わせてご使用いただくことにより、常に清潔で快適なマットレスへと早変わりしてくれます。

口コミと満足度が良い

口コミや満足度も高く、アンケートによると「92%」の方が満足されたとの結果が出ています。

下記の症状が改善されたとの声が上がっています。

  • 肩こり
  • 慢性的な腰痛
  • 不眠症
  • 疲労

また、寝返りに特化したマットレスの場合、「ショートスリーパー」の方にも評判が良く、短時間の睡眠でも十分疲れが取れたなどの声もあります。

一方、悪い口コミの評価としては下記になります。

  • もっと硬めだと良かった
  • かなり深く沈むので睡眠以外の用途につかえない
  • 値段が高い

などでした。

マットレスが深く沈むタイプであるため、マットレス上で筋トレやヨガなどのエクササイズが行えないとの声が上がっていました。

あとは、値段が他のメーカーと違って高い点が上がっていました。個人的な意見ですが、他のメーカーに比べてポケットコイルが2倍近く違うことから、明らかに睡眠の質は他メーカーより優れているので仕方がないと考えています。

これらの口コミは、SNSなどに掲載されているものを抜粋してきました。

120日間返金保証

長期間の返金保証が付いているのが非常に嬉しいです。個人的な意見ですが、この手の商品で返金保証が付いていない商品は危険だと考えています。

マットレス、枕、座椅子などの商品が、自分に合っているかなんて使って見ないと絶対に分かりません。あなたと同じ骨格の人なんてこの世に存在しないからです。

そのため、しっかり自分の体で試すことが非常に重要です。その点でもNELLマットレスはうってつけの商品となっています。

お試し期間にしてはかなり長期間を設けています。

マットレスは基本的に高額な商品となっております。このような返金保証がしっかりついている安全・安心な商品を購入するようにしていただきたいです。

睡眠医学とマットレス開発者の意見がここまでピッタリと一致した商品は他にないと思います。

↓枕はコチラ
睡眠の質は寝返りで上がる!睡眠を改善する枕[スリープマージピロー]

NELLマットレスをおすすめしたい方

  • 腰痛・肩こり・背中の張りなどのからだの痛みに悩んでいる方。
  • 質の高い睡眠を手に入れて、パフォーマンスを最大化したい
  • 朝からやる気や活力が沸かない方
  • 熟睡できず何度も起きてしまう方

睡眠は非常に大切

睡眠は人間の体を整える面で非常に大切な役割を担っています。

睡眠をおろそかにしてしまうと、心身に多大な影響を与えて、「生活習慣病」「うつ病」などを引き起こす原因になりかねません。

また、睡眠が十分であるかの判断を自分で行うことは難しく、気づかぬうちに睡眠不足となってしまい、気づかぬうちに病気になってしまっている人が多いともいわれています。

特に、脳や血管に梗塞ができてしまい命に関わる病気になってしまった場合が危険です!

参考:睡眠が健康に与える影響

そうなる前に、しっかりと睡眠の事を考えていくことが大事です。特に、睡眠に問題を感じていない人に考えていただきたいです。

「朝起きたときに疲れが取れていない」と感じ始め時が始まりです。朝の目覚めは、今日一日を左右すると言っても過言ではありません。

病気にならないように、一日を無駄にしないように、イキイキとした生活が送れるように、マットレスで睡眠改善をはじめてみてはいかがでしょうか。(‘Д’)< オアトガ ヨロシイヨウデ

[合わせて読みたい]
>>疲れのメカニズムと原因

コメント

タイトルとURLをコピーしました