[ご注意]ニキビがかゆい!額やあごの治りかけに効果のあった方法

[まとめ]ニキビがかゆい!額やあごの治りかけに効果のあった方法ニキビ

かゆみはおそろしいです。一度、かゆみを感じてしまうと理性で制御することは困難です。

「触らないで!」「我慢しないさい!」って言われて、我慢できれば苦労しません。私はアトピー性皮膚炎だから、この気持ち嫌って程分かります。

そして、警告します。掻いてしまうと消えない跡が残る可能性があります!私はおでこに横線が引いてあります。前髪で隠せているのでギリセーフ?(‘Д’)

今回は、かゆみに効果があった方法をご紹介していきます。

額やあごのかゆみって本当にニキビ?

額やあごのかゆみって本当にニキビ?

まず、ここをきちんと整理しましょう。

額やあごの赤みやかゆみは、汗疹や湿疹などの炎症が原因である可能性があります。汗疹や湿疹はニキビとは違います。原因がアクネ菌である可能性は低いです。

特に額やあごは汗をかきやすい部分でもあるため、肌が汚れやすく汗疹や湿疹もできやすいです。

そのため、額やあごにできた赤みとかゆみの原因が、必ずしもニキビと言う考え方は避けた方が良いと考えております。

とはいえ、赤みやかゆみがどの病状かなんて個人で見て判断するのは絶望的に難しいです。だからこそ、ニキビと思われる赤みに対する対処法がとても重要になるのです。

この対処法をきちんと順序立てて行っていくことで、その赤みの正体がニキビであるかを判断することができるのです。

余談ですが、炎症により発生するニキビは、赤、黄ニキビと言われています。白、黒ニキビは、かゆみなどはないとされています。そのため、白、黒ニキビは今回の話とは関係ありません!

炎症によるかゆみの原因とは

炎症によるかゆみの原因は、「外的刺激と皮脂による細菌感染」と言われています。

原因:外的刺激と皮脂による細菌感染

かゆみを誘発する主な原因が「外的刺激と皮脂による細菌感染」と言われています。

乾燥、ホルモンバランス、ストレスなどにより肌の持つバリア機能が低下した場合、外的刺激や皮脂による細菌感染からの攻撃を防ぐことができず、炎症とかゆみが発生することがあります。

加齢などにより肌のバリア機能が低下した場合でも同じことが言えます。

また、乾燥している場合も、肌の表面を覆う水分や油分が少なく、外的刺激の侵入を容易に許してしまうため、外的刺激の攻撃によりかゆみを誘発させやすいと言われています。

原因2:細胞成長因子

成長細胞因子とは、傷を修復させる体の要素です。

成長細胞因子が徐々に傷を治していく過程の中で、治りかけの皮膚を治す際に、刺激を与える皮膚の層がかゆみの原因とされています。

そのため、治りかけの状態でかゆみが発生した場合は、治しているから仕方がないという状況になります。こればっかりは、どうしようもないですね。。。

しかし、意識を分散させることで、かゆみの意識をそらして対処する方法はあります。

ニキビや炎症によるかゆみの対処法

ニキビや炎症によるかゆみの対処法

正直、様々なサイトで書かれていることと大差ありませんが、使うと効果的な商品を合わせてご紹介していこうと思います。

その1:洗顔と保湿

炎症で弱っている肌の外的刺激や細菌を取り除き、保護することで炎症の回復とかゆみを防ぐことを目的としています。

汗疹や湿疹、ニキビは大抵このステップで治るケースが多いです。

洗顔は泡立た泡を使用して、肌に直接手が触れないように優しく撫でまわすようなイメージで洗顔すると良いとされています。スキンケアと一緒です。

付属品のネットに石鹸を入れて泡立てることで、泡立ちが非常によく、きめの細かい泡が立ちます。肌を傷つけない優しい石鹸です。
メイクも落とせるほどの洗浄力で、毛穴の奥までしっかり汚れを落としてくれます。
香りもほのかに香る程度で気になりません。

[おすすめ保湿クリーム]


ソンバーユ 無香料 70ml

馬油を使用しているため、保湿性が非常に高く殺菌作用の効果もある保湿クリームです。
非常に伸びが良く使いやすく、使用後のベタつきもなくしっとりと肌の潤いを守ってくれます。
IKKOさんがべた褒めしていた商品です。
冬は固まっているため、お風呂場に置いて温めて使用するのがベター。

洗顔・保湿後にかゆみが発生した場合は、再度、洗顔して保湿クリームの量を増やしてください。

冷やす方法は逆に皮膚を刺激してかゆみを誘発する恐れがあります。よくアトピーでかゆみが出た場合に、看護婦さんから冷やされていましたが、全く効果ありませんでした。

その2:ニキビケア用品

洗顔と保湿で改善しない場合は、ニキビの可能性が高くなってきますので、ニキビケア用品で解決をしてく方法が良いです。ニキビケア用品ではアクネ菌の増殖を防ぐことができます。

[評判が非常に良い商品]

アクネケアたっぷりおためしキット

コスパ、口コミ、評判が非常に良い商品です。2020年9月ににVOCEで月間ランキングNO.1に輝いたのも信頼と実績のある商品です。

ビタミンC誘導体配合のため、ニキビケアだけでなく、ニキビ跡の修復にも効果のある汎用性の高いニキビケア用品です。

通販サイトで常に上位にいます。

ニキビのかゆみにはビタミンも効果的

ニキビやかゆみには、栄養素である「ビタミンB2」と「ビタミンC」も効果的であると言われています。

ビタミンB2には、皮脂の分泌をコントロールする作用があり、皮脂が過剰に分泌することを防ぐ効果があると言われています。

肌が脂っぽい体質の方には、ビタミンB2の摂取をお勧めすることが多いそうです。

ビタミンCには、肌に対して様々な効果がありますが、ニキビ跡の修復や肌の乾燥を防ぐ効果があると言われています。また、ビタミンB2と同様に、皮脂の分泌を防ぐ効果もあります。

脂っぽくないのにニキビができていたり、かゆみを伴う場合は、ビタミンCの摂取をお勧めすることが多いそうです。

参考:ビタミンB2について

参考:ビタミンCについて

まとめ

かゆみを抑えるには、洗顔と保湿が最強です。

洗顔と保湿をしているのにも関わらず、炎症がひどくなった場合に薬を使用するようにしてください。

皮膚の炎症を抑える薬の中には、「ステロイド」と言うアトピー患者が震えてふさぎ込んでしまう恐ろしい成分が入っているものがあります。

「ステロイド」は使い方を間違えると地獄を見ます。(経験者です。。。)

「ステロイド」を使用する際は、必ず皮膚科の先生と相談してください。

話は脱線しましたが、ニキビケア用品はセルフメディケーションの最終手段としてください。

肌断食がブームになってきたことから分かるように、薬漬けは後に体のあらゆる部分に悪影響を与えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました