【知らなきゃ損】ホワイトニングの期間と回数は?効果も含め徹底調査

【知らなきゃ損】ホワイトニングの期間と回数は?効果も含め徹底調査ホワイトニング

今話題となっている家庭用ホワイトニングキットに関して、自然な白い歯になるまでの期間と使用回数について調査いたしました。

ホワイトニングを効率よく効果的に行うには、クリニック・サロンと家庭用ホワイトニングキットのどちらの方が良いかの判断基準になるよう様々な角度で検証してみたいと思います。

ホワイトニングの効果

ホワイトニング効果(即効性)コーティング痛み
ホーム
(家庭用キット)
×
オフィス×
ポリリング×

総合的な評価だと、「ポリリングホワイトニング」が最も効果が高い施術方法であると言えます。

参考:ポリリングホワイトニング

効果に関して

効果の面に関しては、オフィスホワイトニングが優勢と言う結果になっています。

2~3回の通院でホワイトニング効果を発揮してくれます。

しかし、効果の高さと引き換えに、オフィスホワイトニングは、痛みを伴いアフターケアが一切ない施術方法となります。(効果に対する副作用的な)

そのため、ホワイトニングとしては良くても、歯にはあまりよろしくない施術方法なのかもしれません。

コーティングに関して

コーティングの面に関しては、ホームホワイトニングとポリリングホワイトニングが優勢と言う結果になっています。

コーティングを行うことで、歯の着色を防ぐだけでなく、施術後の食事制限などもなくなります。

ただ歯を白くするだけでなく、着色まで防いでくれるアフターケアは、ホワイトニングの効果を語るうえで、かなり高い評価になります。

痛みに関して

痛みに関しては、ホームホワイトニングとポリリングホワイトニングが優勢と言う結果になっています。

痛みは、ホワイトニングをするうえで重要な「継続」に大きくかかわってくるポイントなため、痛みを伴うオフィスホワイトニングはかなり低い評価となります。

 

以上の結果を踏まえて、ポリリングホワイトニングが最も効果的なホワイトニング方法と判断しました。

しかし、ホームホワイトニングは、即効性がないもののポリリングホワイトニングと同じ効果が期待でき、家庭でホワイトニングできて継続しやすいと言う利点もあるため、今話題となっています。

効率の面も視野に入れると、用途に合わせて「ポリリングホワイトニング」と「ホームホワイトニング」を使い分けることが最も効果的になると言えます。

ホワイトニングには個人差がでますので、目安の評価になっています。

歯の治療で痛いのは嫌なんだなぁ~

ホワイトニングの回数と期間

ホワイトニング回数(1日)期間(白くなる)期間(持続)1回の費用
ホーム
(家庭用キット)
1回1ヶ月1年間100円以下
オフィス1回2~3回の通院3~6か月3万~5万
ポリリング3回6~10回の通院6か月1本550円

総合的に判断すると「ホームホワイトニング」が最も効率的と言えると考えています。

もちろん、即効性を優先事項と考える場合は、「ポリリングホワイトニング」or「オフィスホワイトニング」が良いと判断できます。

しかし、ホワイトニングに関して重要なことは「継続」です。

どの施術方法でも、定期的にホワイトニングをしないと、歯は再び着色してしまうため、色戻し(レタッチ)が必要となってきます。

レタッチをするタイミングは個人差や食事などにも影響されるため、不定期にレタッチをするの時は現れてきます。やっかいなレタッチを防ぐためにも、継続的にホワイトニングを行うことが必要となります。

その結果、継続してホワイトニングできる「ホームホワイトニング」が最も効率的だと言えます。

参考:HAKARA(セルフホワイトニング)

参考:岡田歯科医院

ホームホワイトニングを始めよう

ホワイトニングは清潔感を表すうえでとても必要な要素となります。

歯は磨けば磨くほど傷ついていき、歯の着色を引き起こす原因となります。今まで白い歯をキープできていても、知らない間に着色を引き起こしている可能性があります。

口臭と一緒で、気づかないうちに歯の奥などが汚れていることがあり、笑った時に汚れが発覚して相手に悪い印象を与えることが良くあります。

そうなる前に、家庭用ホワイトニングキットで、定期的にホワイトニングを行ってみませんか。

あなたの自信を取り戻すきっかけになるかもしれませんよ。

[おすすめ家庭用ホワイトニングキット]

コメント

タイトルとURLをコピーしました