父の日のご飯は思い出を作る体験型ギフトでいかがでしょうか

【父の日】体験型ギフトでお家でゆったりとお酒を交わし思い出を作るお祝い・イベントの悩み

父の日など、親に対してプレゼントを贈るときに、何を送ればよいかお困りの方にピッタリな商品を見つけましたのでご紹介をしようと思います。

相手が親だから、プレゼントは質より想いが重要なので、正直、ランキングに左右されずに、素直な気持ちを送ることが一番のプレゼントであると考えています。

しかし、父の日、母の日は毎年あるものですし、親が好きなモノなんてそんなに知らないから、マンネリ化してしまったり、ネタが思いつかづネットの意見を見て選んでしまうことって多くありませんか。

そこで、今年の父の日は、家族みんなで体験を通して楽しい思い出をつくってみる、そんな一日になるようなプレゼントを送ってみるのはいかがでしょうか。

食卓を囲むご飯を、家族みんなで楽しく作れば、最高の思い出になることは間違いありません!

今回は父の日と言うことで、お酒にちなんだ自宅でできる体験型ギフトをご紹介しようと思います。

累計1万台販売!テレビや雑誌で大人気の高級焼き鳥体験【べランディング鳥幸】

焼鳥ミールキットとオリジナル焼き台でご飯作り

焼鳥ミールキットとオリジナル焼き台

ご紹介する商品は、「焼鳥ミールキットとオリジナル焼き台」です。

テレビや雑誌で大人気の高級焼き鳥体験【べランディング鳥幸】が提供するセット商品で、累計1万台を売り上げている人気商品となっています。

自宅で高級焼き鳥を焼きながらお酒を楽しむ体験ができる、お父さんの気持ちも食欲も鷲掴みにできる究極の体験型ギフトとなっております。

ご飯の主役とまではいきませんが、華を添えるのには最高の商品ではないかと考えています。

魅力その①:テーブルで焼き鳥を焼く斬新さ

テーブルで焼き鳥を焼くという斬新さが魅力的なところであると言えます。タコパーはあってもトリパーの発想はなかったと思います(‘Д’)

父の日に「自宅で焼き鳥」なんて発想、だれが思いつくと思いまっかぁ~(by 方正)

お酒好き、飲み会好きなお父さんにとって「焼き鳥」なんて響きはたまらないものなので、大喜びしてくれること間違いなしです。

自宅で焼き鳥をするとなると、お母さんがテーブルとキッチンを行ったり来たりして、家族みんなでテーブルを囲える時間が少なくなりますし、お母さんが気になって落ち着いて食事ができませんよね。

これは通常のご飯にも言えることです。

でも、この焼き台さえあれば、テーブルを家族全員で囲いながら、ゆっくり食事をすることができます。また、焼き鳥の焼き方の動画も公開していますので、動画を見ながらワイワイ楽しく焼くのも楽しいと考えております。

男なら誰しも「自宅で熱々の焼き鳥食べられたらな。。。」と考えたことがありますので、この斬新さはウケること間違いなしです。(私の時は大成功でした)

魅力その②:焼き台

最大4串ほど焼ける焼き台となっており、コンパクトで場所を取らず、持ち運びも簡単にできます。

ステンレス素材シーズヒーター採用により、素材を遠赤外線で焼き上げ、素材から出る脂をはじくことで、ご家庭で調理するときに気になる煙を極力発生させない設計となっております。

そのため、テーブルでもベランダでも、どんな場所でも焼き鳥が楽しめるいようになっております。

焼く位置の高さを2段階に調節できるので、ゆっくり焼いたり、早く焼いたりすることができます。

魅力その③:焼き鳥に付属の調味料

焼き鳥に付属の調味料

とにかくうまみが凝縮された鳥もおいしいですが、付属でついてくる調味料がたまらなくおいしいです。口では説明することができないくらいおいしかったです。

鳥幸の特製タレやオーストラリア産の焼塩に5種の薬味を備え付けておりますので、お好みに応じた味付けして食べることができます。

特に、炭火の香ばしさを再現するため、炭の香りをまとわせた「特製チャコールオイル」が凄くて、炭火の香ばしさがおいしさを底上げしてくれます。あるのとないのでは全然違います。(断言)

間違いなくみなさんが想像している以上もしくは同等の味ですので、この調味料目当てに購入するだけでも十分価値はあります。

高級焼き鳥なので本数が少ないため、スーパーである程度の本数は購入しておくと、お父さんの満足感もアップするかと思います。

特製タレを付け足しながら、ふざけて焼いたスーパーの鳥皮がめちゃくちゃおいしかったのは内緒(‘Д’)

焼き台だけ欲しい方には。。。

別に、高級焼き鳥はいらないけど、焼き台だけ欲しいなぁと言う方には、下記のような「屋台横丁」という商品もあります。

オリジナル焼き台屋台横丁
焼ける本数4本8本
見た目おしゃれちょっと面白い
汎用性焼き鳥のみたこ焼き、焼き肉も可
火力普通普通

多少、高級感には程遠いですが、ウケは良いと思います。

屋台横丁では、焼ける本数も8本で、「タコ焼きプレート」や「焼き肉網」もついているので、汎用性が非常に高く、大人数向けの商品となっております。

この商品は焼ける本数が多いので、焼き鳥をご飯の主役にできるかもしれません。

火力については、「弱い!」と言う口コミを多く見かけますが、私はそこまで弱いとは感じませんでした。むしろ、中までしっかり焼くにはこれくらいの火力である必要があるのではと思っているくらいです。

今回ご紹介している焼き台と火力の面では大差なかったと個人的に思っています。

意外と盛り上がる自宅焼き鳥

私が父の日に自宅でテーブルで焼き鳥を焼いたときは、かなり盛り上がりました。

なんでしょうね、このワクワクする感じは。。。理由は分かりませんが、家族みんな浮足立っていた印象を受けました。

意外と子供ウケが良かったです。焼き鳥をひっくり返すくらいなら、子供もできますので、すごく楽しんで焼いてくれたのを今でも覚えています。それを見て母も凄く喜んでくれていました。

焼いているときの香りなんかも食欲をそそり、なつかしい父の思い出話なんかも出たりして、話のネタにもなって、いつもよりよくしゃべる父親をみれて凄く嬉しかったです。

なつかしいものには、それぞれが感じるそれぞれの思いがあって、大人になって語る頃には味わい深いものになっていて、語る方も聞く方も大人になったからこそ味わえる。

寡黙だった父親の背中になぞらえた人生の意外な一部を垣間見れたのも、この「焼き鳥」という言葉が紡ぎだす「大衆と哀愁」が父親を動かしてくれたおかげかもしれません。

父の日は、「父になった自分」と「父だったおじいちゃん」との家族だった日々の「答え合わせの日」なのかもしれませんね。

父の日なので。。。(By 旦那)

コメント

タイトルとURLをコピーしました